Skip
gnb
contents
footer

世宗市へ旅立つホット で多様な現場都市観光コース

  • TRACK LENGTH 33.10km

世宗市へ旅立つ「ホットで多様な現場都市観光コース」は山野が都市に変貌する世宗市の姿を360度見下ろすことができるミルマル展望台から始まる。その次に5つのテーマ島で構成された世宗湖水公園をはじめとして、世宗洑の散策路を散策しながら新しく誕生した世宗市の母なる川である錦江の風景を見ることができる。世宗19年(1437)に襄陽都護府使の林穆が建てた独楽亭から世宗市の母なる川である錦江を再び見下ろし、上流に上がって錦江が美湖川と合流して水脈を育む所に造成された合江公園オートキャンピング場を探訪して、空を観測して大地を推し量る宇宙測地のハブである宇宙測地観測センターで宇宙の神秘に迫ることができる。

  • 1 ミルマル展望台
  • 1.92 km
  • 2 世宗湖水公園
  • 6.29 km
  • 3 世宗洑
  • 2.84 km
  • 4 独楽亭
  • 13.69 km
  • 5 合江公園オートキャンピング場
  • 8.36 km
  • 6 宇宙測地観測センター
01ミルマル展望台
ミルマル展望台 [写真]

政府世宗庁舎を一望できる高さ9階のミルマル展望台は、エレベーターを利用して展望台に上がることができる。政府世宗庁舎を眺める丘の上にそびえ立つこの展望台に上がれば、庁舎の全景とともに日ごとに変貌する世宗市一帯の四方の風景も見渡すことができる。展望台のそばに設けられた休憩室には世宗特別自治市が完成した模型が展示されている。ミルマルは低い尾根を意味する。旧忠清南道燕岐郡南面宗村里の地名だ。

ミルマル展望台 [写真]

世宗市の市街地から眺めたミルマル展望台。写真の信号灯の下に見えるのがミルマル展望台。

ミルマル展望台 [写真]

低い丘の上に位置するミルマル展望台の近景。

ミルマル展望台 [写真]

ミルマル展望台は高さ9階の展望台と展望憩いの場がある。

ミルマル展望台 [写真]

1階から9階まで直通で上がる展望台のエレベーターから眺めた世宗市の風景。

ミルマル展望台 [写真]

展望台に上がった観覧客が写真を撮っている。

ミルマル展望台 [写真]

展望台は360度都市の景観を眺望できる構造。

ミルマル展望台 [写真]

展望台から眺めた政府世宗庁舎の全景。

ミルマル展望台 [写真]

住居団地ではアパート建設の真っ最中。

ミルマル展望台 [写真]

都市建設が進んでいるのが一目でわかる。

ミルマル展望台 [写真]

展望台の風景

利用案内

  • 入場料と駐車料は無料。観覧時間は午前10時から17時まで、昼休みは11時30分から13時30分までで、3大祝日(3.1節、光復節、開天節)と国家臨時公休日は休業(問い合わせ+82-44-862-8845)。
  • ナビゲーション 名称および住所 : ミルマル展望台、世宗特別自治市オジン洞山3世宗市へ旅立つホットで多様な現場都市観光コース
02世宗湖水公園
世宗湖水公園 [写真]

世宗湖水公園は世宗特別自治市の中心的な市民の公園だ。世宗市トゥルレギルが造成されている転月山と元帥山を背景とするこの公園は人工湖だ。一山湖水公園より1.08倍大きい。5つのテーマ島で構成されている。湖の中央に造成された水上舞台島は錦江の水流によって削られた小石を形象化して造成した672席規模の公演場だ。祭り島は多様な祭りの空間で、水遊び島は白砂浜がある島で海岸の感じを出したところだ。水花島はデッキロードが造成されている島で葦、コガマなど多様な水生植物が育つ生態島だ。湿地島は水質浄化のための湿地と複合生物生息地で世宗湖水公園の心臓のような島だ。

世宗湖水公園は5つのテーマ島とともに散策路8.8km、自転車道路4.7kmが湖岸に沿って造成されていて、市民は公園で公演、レジャースポーツなど水辺文化を楽しむことができる。この公園には4つの噴水があって公園の見どころを提供する。湖の中央で最高70mの水流を噴き上げる希望噴水、中央広場の端に設置された円形池で垂直上昇する水流を噴き出す広場噴水、中央広場の欄干に設置された大砲から湖に水流を発射する大砲噴水、祭り島前方の湖に設置された噴水で高さ10m、48本のノズルを通じて出た水流が踊る祭り噴水などがある。

世宗湖水公園 [写真]

世宗湖水公園の冬。

世宗湖水公園 [写真]

世宗湖水公園の冬。

世宗湖水公園 [写真]

世宗湖水公園の冬。

世宗湖水公園 [写真]

世宗湖水公園の冬。

世宗湖水公園 [写真]

世宗湖水公園の湿地島の風景。

世宗湖水公園 [写真]

湿地の上に水上デッキが設置されていて、春から秋まで多様な水生植物の生態を観察することができる。

世宗湖水公園 [写真]

世宗湖水公園の中心にある水上舞台。舞台の前には噴水が設置されていて、観覧席に座って景観を鑑賞するのに良い。

世宗湖水公園 [写真]

市民が世宗市が運営する湖水公園の自転車無人レンタル所で自転車をレンタルしてハイキングを楽しんでいる。

世宗湖水公園 [写真]

湖水公園の水上舞台の風景

世宗湖水公園 [写真]

湖水公園の風景.

利用案内

  • 世宗湖水公園は屋外空間を活用した公園で出入に制限がない。公園には夜間照明と運動器具、自転車道路、トイレなど公衆便宜施設が設けられている。駐車場4ヶ所の同時駐車台数は1,216台。午前5時から23時まで利用可能。
  • ナビゲーション 名称および住所 : 世宗湖水公園、世宗特別自治市燕岐面世宗里114-123
03世宗洑
世宗洑 [写真]

世宗洑は世宗特別自治市の象徴性を付与し、韓国の文化、芸術、科学の優秀性と錦江の水流を表現して世宗市のイメージに合うランドマークを強化するようにデザインされた。世宗大王のハングルの独創性と測雨器の科学性、世宗市の前身である燕岐郡の象徴であるツバメの錦江の水流を象徴する構造で錦江の水流と文化、自然が調和するように象徴化して建設した。

世宗洑は水面を横切るハンドゥリ大橋が世宗市のランドマークで夜間照明を明るくして全国的な名所になった。昼間には世宗洑の水面に映ったチョッマウルとハンドゥリ大橋が調和した風景が探訪客の目をひきつけ、夜間にはさらに輝く。世宗市チョッマウルと大田儒城をつなぐこの橋は往復6車線で長さ880mだ。世宗洑に設置されている水力発電所は沿岸1,220万kWhの電力生産で1万1千人が使うことができる。石油類代替効果は年2万バレル、CO2低減量は年間松250万株に該当する8千300トン。

世宗洑 [写真]

世宗洑の全景

世宗洑 [写真]

世宗洑の全景2

世宗洑 [写真]

世宗洑発電所の後ろに見える橋がハンドゥリ大橋。

世宗洑 [写真]

世宗洑を通る錦江自転車道路。散策路も一緒に造成されている。

世宗洑 [写真]

世宗市初チョッマウルとハンドゥリ大橋がある風景。

世宗洑 [写真]

世宗洑の水面に映っているチョッマウルとハンドゥリ大橋。夜景も素晴らしい。

世宗洑 [写真]

世宗洑の水面に映っているチョッマウルとハンドゥリ大橋。

世宗洑 [写真]

世宗洑の前に見える橋は世宗市と大田儒城間の外郭道路をつなぐハクナレ橋。

世宗洑 [写真]

世宗洑管理事務所に設けられている世宗洑広報館1

世宗洑 [写真]

世宗洑管理事務所に設けられている世宗洑広報館2

利用案内

  • 世宗洑は屋外空間を活用した公園で出入に制限がない。公園には夜間照明と運動器具、自転車道路、トイレなど公衆便宜施設が設けられている。駐車場が1ヶ所設けられていて、午前5時から23時まで出入可能。
  • ナビゲーション 名称および住所 : 世宗洑、世宗特別自治市燕岐面ナリ路82
04独楽亭
独楽亭 [写真]

独楽亭は錦江の美しい風景が見える素敵な昔の亭だ。独楽亭は世宗特別自治市文化財資料第8号で、2012年12月指定管理されている朝鮮時代に建てられた亭だ。この亭は世宗特別自治市羅城洞101番地錦江辺の丘にある。昔から錦江辺の有名な亭の一つに数えられた独楽亭。歳月の変遷によりその風景もまた変化を経て世宗市の変化する姿を演出している。丘の盛り上がった所に段を1段設けて、整えられた礎石の上に立てられた円柱は軒を支える姿が実直に見える。

世宗19年(1437)に襄陽都護府使の林穆が建てた独楽亭は、前面3間、横面2間の平面で、後ろの間の中央の間に窓と戸を付けて床を作り、残りの部分は開放した。基壇は花崗岩の長台石で、8角の長い礎石に円形の柱を置いた。屋根は一軒の入母屋造り。

独楽亭 [写真]

羅城洞錦江辺の丘の上に建てられた独楽亭の全景。

独楽亭 [写真]

扶安李氏家廟を過ぎて丘を上がれば独楽亭に至る。

独楽亭 [写真]

錦江が見下ろせる景色の良いところに位置している独楽亭の近景。

独楽亭 [写真]

独楽亭の風景

独楽亭 [写真]

独楽亭の後側面全景

独楽亭 [写真]

横面2間の平面で後ろの間の中央の間に窓と戸を付けて部屋を造った。オンドルは入っていない。

独楽亭 [写真]

独楽亭前の側面全景

独楽亭 [写真]

独楽亭から眺めた南東側の風景。川の向こう側に世宗自治市庁と国家研究院などがあるポラム洞。

独楽亭 [写真]

独楽亭から眺めた南側の風景

独楽亭 [写真]

独楽亭から眺めた南西側の風景。燕岐郡と大田儒城をつないでいた昔の橋錦南橋の全景が目に映る。

利用案内

  • 日の出から日没まで出入可能。入場料、駐車料は無料。
  • ナビゲーション 名称および住所 : 羅城独楽亭、世宗特別自治市羅城洞101
05合江公園オートキャンピング場
合江公園オートキャンピング場 [写真]

面積が10万平方メートルの合江公園オートキャンピング場は、錦江と美湖川が合流する地点の水辺に造成された公園だ。合江公園周辺の色々なテーマ公園のうち忠清北道の川と忠清南道の川が合流する所は生態の宝庫でもある。80万平方メートルの自然湿地はカワウソ、ヒシクイ、オシドリ、チョウセントゲタナゴなどの動植物が生息する。新しく湿地を造成して生態体験学習場を作って運営中だ。

合江公園オートキャンピング場のテーマ公園であるハングル公園には世宗大王の業績を形象化した自然親和的な空間が造成されている。錦江自転車道路と美湖川自転車道路が続くここは散策路も設けられていて、川辺のひっそりとした美しさを楽しむことができる。キャンプ場にはサッカーや足球、バドミントンなどを楽しむことができる運動場があり、子供のために宝島遊び場も設けられている。

合江公園オートキャンピング場 [写真]

合江公園オートキャンピング場の風景

合江公園オートキャンピング場 [写真]

合江公園オートキャンピング場の風景

合江公園オートキャンピング場 [写真]

合江公園オートキャンピング場の風景

合江公園オートキャンピング場 [写真]

合江公園オートキャンピング場の風景

合江公園オートキャンピング場 [写真]

合江公園オートキャンピング場の風景

合江公園オートキャンピング場 [写真]

合江公園オートキャンピング場の風景

合江公園オートキャンピング場 [写真]

合江公園オートキャンピング場の風景

合江公園オートキャンピング場 [写真]

合江公園オートキャンピング場の風景

利用案内

  • 利用時間は利用開始日13時から利用終了日12時まで。退出時間超過時、案内所に事前確認後、追加料金を支払わなければならない。キャンプ場、体育施設は1時間超過2時間まで2,000ウォン、4時間まで4,000ウォン、4時間以降は1日で算定する。電気使用料も1時間超過2時間まで300ウォン、4時間まで500ウォン、4時間以降は1日で算定する。但し、入室者がいたりシーズン中には追加使用不可(利用問い合わせ+82-44-862-5985)。
  • ナビゲーション 名称および住所 : 合江公園オートキャンピング場、世宗特別自治市燕東面台山路329
06宇宙測地観測センター
宇宙測地観測センター [写真]

宇宙測地観測センターですることを知るには、まず「クエーサー(QUASAR)」を知らなければならない。クエーサーは地球から数十億光年離れた距離にある活動性銀河の核で、太陽より数兆倍も明るい。宇宙の果てに固定していて宇宙空間上の位置測定の基準になる。測地とは何か?測地はクエーサーの電波を地球の2地点以上で同時に受信して数千km以上の距離をmm水準で測定する宇宙測地技術だ。クエーサーの平面電波が地球上の2台以上のアンテナに到達する時間差を利用して2地点との距離を幾何学的に算出する。

クエーサーの電波が地球のアンテナに到達する時間を3億年に1秒の誤差を持つ水素原子時計で時間差を計算して記録装置に保存し、そのデータ処理過程を経て分析をすれば距離、位置などの情報を算出するのがセンターのすることだ。このデータを活用すれば、地震および津波などの自然災害を予防することができる。宇宙測地観測技術は地球の形状と大きさ、重力場を定義して地球の表面を計測し、ひいては宇宙空間の天体位置を決める科学だ。したがって、宇宙における地球の運動や地球の位置を記述するために座標系や楕円体を定義することができる。

宇宙測地観測センター [写真]

宇宙測地観測センター正門。遮断線まで移動してインターホンを押せば遮断機が開く。

宇宙測地観測センター [写真]

クエーサーの電波を受信するアンテナが雄壮だ。左側の建物が宇宙測地観測センター本館。

宇宙測地観測センター [写真]

本館1階ロビーに天体観測用望遠鏡が展示されている。望遠鏡を直接作動させて使い方を習うことができる。

宇宙測地観測センター [写真]

VLBIで韓国各地域の測量基準点を示す。VLBIは宇宙から来る電磁記録を受信してアンテナの位置を正確に測定後、韓国に位置する衛星基準点に伝達して生活の中の位置情報の基準として使用する。

宇宙測地観測センター [写真]

宇宙で聞かせてくれる話映像コーナー。クエーサーの電波について調べ、宇宙測地観測センターでクエーサーの電波をどのようにどんな用途で活用するのか容易でおもしろく説明する映像を見ることができる。

宇宙測地観測センター [写真]

電磁波とクエーサーについて先行学習をした後、直接展示物を作動させてVLBIの運営と作動原理などを調べることができる。

宇宙測地観測センター [写真]

大韓民国、アメリカ、日本、中国、イタリア、スウェーデン、ノルウェーなどVLBIアンテナ保有国を一目で確認することができる。

宇宙測地観測センター [写真]

韓国の測地の歴史について調べるコーナーも用意されている。

宇宙測地観測センター [写真]

宇宙測地観測センターのアンテナの全景

宇宙測地観測センター [写真]

宇宙測地観測センターにある統合基準点。統合基準点は地理学的な経度・緯度、直角座標、地球中心直交座標、高さおよび重力測定の基準として使うために衛星基準点、水準点および重力補助点に基づいて決定された国家基準点をいう。

利用案内

  • 宇宙測地観測センターでは宇宙測地観測に関するすべてが分かる広報館を運営している。開館日は月曜日から金曜日までで、祝日は休館。観覧時間は午前10時から17時まで、昼休みは12時から13時までで昼休みには運営しない。入場料と駐車料は無料。一般観覧は事前予約なしで観覧可能で、10人以上の団体観覧時、事前予約が必要(予約および問い合わせ+82-44-860-4006)。
  • ナビゲーション 名称および住所 : 宇宙測地観測センター、世宗特別自治市燕岐面月山工団路276-71