Skip
gnb
contents
footer

世宗市へ旅立つ心まで 豊かになる自然観察コース

  • TRACK LENGTH 46.95km

世宗市へ旅立つ「心まで豊かになる自然観察コース」は中部圏最大の全天候自然学習場である山林博物館と錦江自然休養林で自然と向き合うことで始まる。その次に清楚な蓮華が満開に咲いた線路のそばの鳥川蓮華公園をはじめとして、高福自然公園の水辺デッキを散策することで自然の香りに浸ってみたりもする。150頭余りのツキノワグマとニホンジカ100頭余り、40万種余りの草木類があるベアツリーパークでは自然の神秘に迫ることができる。世宗市の自然と共にすれば、体が健康になって心まで豊かになる。

  • 1 山林博物館と錦江自然休養林
  • 22.84 km
  • 3 鳥川蓮華公園
  • 10.73 km
  • 4 高福自然公園
  • 11.38 km
  • 5 ベアツリーパーク
01山林博物館と錦江自然休養林
山林博物館と錦江自然休養林 [写真]

倉碧に遮られて船に乗って出入りしなければならなかった辺境地、世宗特別自治市錦南面道南里のうっそうとした森は93年錦江自然休養林に指定され、97年度に山林博物館が開館することによって中部圏最大の全天候自然学習場であり国民休養地として脚光を浴びるようになった。

錦江自然休養林

錦江自然休養林は鶏龍山国師峰周囲のうっそうとした森の中に位置している。休養林の中心部はよく整備された道路と野生花園、ムクゲ園、バラ園などが造成されている。ここは総面積20ha規模の23園で421種約10万本の樹木を育てている。韓国はもちろん世界各国の樹木を観察することができる。また、樹木園の周辺に造成された野生動物園は鳥類飼育場、獣類飼育場などが備えられていて、野生動物の観覧および生態観察ができる。

散策路、森の中の家(ログハウス)など休養林本来の施設が位置するところは野生花園とムクゲ園、樹木園を見下ろす位置である山の中腹に位置している。宿泊客の便宜のために宿泊客に限り車両進入が許される。主な施設は子供遊び場、多目的運動場、キャンプデッキ、シャワールームと脱衣施設が設けられた屋外プールと木材で造られた体力鍛練施設が設けられている。

錦江自然休養林 [写真]

山林博物館と錦江休養林の全景。錦江を横切るプルティ橋を渡って直進すれば山林博物館で、右折すれば錦江自然休養林。錦江自然休養林は自然そのままの姿をたくさん収めていて、樹種は主に広葉樹だ。森に入って森林浴を楽しむのも良いが、よく整備された登山路(7.6km)に沿って山を登れば、悠々と流れる忠清の母なる川である錦江を見下ろしながら軽い登山を楽しむことができる。

錦江自然休養林 [写真]

団体や家族、恋人皆が使用可能な森の中の家は炊飯道具とともにガスレンジ、シンク台、冷蔵庫、テレビなどが置かれていて就寝用具も提供される。

錦江自然休養林 [写真]

錦江自然休養林は多様な見どころと楽しめるものがあって、春、夏、秋、冬四季いつでも子供たちと一緒に学習兼休養地として訪れるのに最高だ。

錦江自然休養林 [写真]

錦江自然休養林の野生動物園は子供たちの生態学習と観覧客に対する見どころの提供を目的に獣類・鳥類飼育場に分かれている。鳥類飼育場は鳥類舎・オシドリ舎・鷲舎で区分施設されているが、鳥類舎が代表的な飼育場で、内部は8つの空間に分けて仕切りを設置し、種類別に区分飼育していて、内部中央に池と噴水を設置して鴨類など水生鳥類の生育環境を造成している。

錦江自然休養林 [写真]

錦江自然休養林のチャンヨンジョンに上がれば、西海に流れる錦江の絶景を眺望することができる。

利用案内

  • 休養林の入場料は子供700ウォン(団体500ウォン)、青少年1,300ウォン(団体1,100ウォン)、大人1,500ウォン(団体1,300ウォン)。駐車料は軽自動車1,500ウォン、小型車3,000ウォン、大型車5,000ウォン。休養林内にはキャンプ場と水遊び場が設けられている。キャンプデッキ利用料4,000ウォン、水遊び場の利用は無料。駐車料は軽自動車1,500ウォン、小型車3,000ウォン、大型車5,000ウォン。正月、旧正月、秋夕当日は休業。問い合わせおよび予約041-635-7400、www.keumkang.go.kr

山林博物館

韓国で周囲が最も長い木である錦山郡南二面石洞里のイチョウ(天然記念物365)と公州市新豊面仙鶴里にある堂山木、安眠島の松などを模型物で製作・展示した山林博物館は、テーマ型で構成されていて動線に従って観覧を終えると、韓国の山林に関する理解と自然の大切さを理解するのに役立つように構成されている。

山林博物館のガラスドームで建てられた大型温室には熱帯、亜熱帯の植物を展示・栽培している。パンノキ、バナナの木、大王椰子、トマトがついた木など容易に接することのできない熱帯植物や各種サボテンをはじめ、仏教を象徴する菩提樹、聖書にしばしば登場するオリーブの木などがガラスの温室をいっぱいに満たしている。植物の現場学習はもちろん、普段育てる植物の栽培技術などについても習うことができる所だ。

山林博物館 [写真]

現場に森解説者が配置されていて、指定された時間に展示解説を聞くことができる。森解説プログラムの利用は予約が優先で個人予約も可能。解説期間は3月から11月まで1日3回(10:30~11:30、13:30~14:30、15:00~16:00)運営する。解説費は無料で、休養林入場料と駐車費は有料。予約人員が定員に達しない場合、現場の未予約者も参加可能。

山林博物館 [写真]

山林博物館ガラスドーム植物園の全景。

山林博物館 [写真]

山林博物館の内部。ガラスドーム植物園の観覧を終えると、動線は山林博物館に続く。1997年10月に開館した山林博物館は自然との出会い、山林の歴史、山林の恩恵と利用、苦痛を受ける山林、山林政策と未来の山林をテーマに山林に関する全てを展示する。

山林博物館 [写真]

山林博物館の屋外樹木園。ここは20haの広い空間で造成された一般人のための山林学習教育場だ。ツツジ園、梅園などの専門樹木園と菖蒲、ノコギリソウ、チョウセンノギクなど野生花を観察できるこの樹木園は韓国の山林を成す木と野生花がいっぱいの公園で、立て札に書かれた文章と一緒に木と野生花を見れば自然生態学習になる。

山林博物館 [写真]

小さいチャンスンが道の両端に査閲するように列をなしている樹木園の風景。

利用案内

  • 観覧時間は夏期午前9時から午後6時、冬期は午前9時から17時まで。入場料は子供700ウォン、青少年1,300ウォン、大人1,500ウォン。駐車料は軽自動車1,500ウォン、小型車3,000ウォン、大型車5,000ウォン。正月、旧正月、秋夕当日は休館。問い合わせおよび予約041-635-7400、www.keumkang.go.kr
  • ナビゲーション 名称および住所 : 山林博物館、世宗特別自治市錦南面山林博物館ギル110
02鳥川蓮華公園
鳥川蓮華公園 [写真]

世宗市鳥致院邑と五松邑を潤して流れる鳥川が美湖川と出合う合流点と汽車が行き来する京釜線の鉄橋の間にある河川敷に7種の蓮が色とりどりに花を咲かせる所。世宗特別自治市鳥致院邑磻岩里に達して鳥川下流の水辺は休息と散策を兼ねることができる生態公園として市民と観光客に人気がある。子供たちの自然生態学習場としても遜色のないここは、農耕地としてに使っていたが、土地に7種の蓮を植えて生態探訪路を造成したところだ。

合計25,000㎡の鳥川蓮華公園は白蓮、紅蓮、睡蓮などの蓮華と共に菖蒲、コガマなどの水生植物がよく育つように湿地環境を造成し、蓮華池を造成した。夏になると多様な蓮華の美しい姿を鑑賞することができる。特に、蓮華に接近して生態探訪ができるように整備された探訪デッキは湿地の自然生態を観察することができ、蓮華と菖蒲、コガマが互いに調和して育つ色とりどりの美しい風景を近くで鑑賞できてより一層良い。

鳥川蓮華公園 [写真]

鳥川蓮華公園の端にある体育公園。体育公園の向こう側に鳥川と合流した美湖川が錦江に向かって流れている。

鳥川蓮華公園 [写真]

鳥川を横切る京釜線の鉄橋の上で汽車が通っている。

鳥川蓮華公園 [写真]

鳥川蓮華公園の夏。7月下旬から8月上旬まで満開になる蓮華が美しい姿を誇る。

鳥川蓮華公園 [写真]

蓮華公園の探訪デッキがある風景。

鳥川蓮華公園 [写真]

蓮華を近くで鑑賞できるこの公園のデッキは散策路としてだけでなく近くで写真撮影をするにも良い。

鳥川蓮華公園 [写真]

蓮華がある風景

鳥川蓮華公園 [写真]

蓮華がある風景

鳥川蓮華公園 [写真]

蓮華がある風景

鳥川蓮華公園 [写真]

蓮華がある風景

鳥川蓮華公園 [写真]

蓮華がある風景

利用案内

  • 鳥川蓮華公園は屋外空間を活用した公園で出入に制限がない。公園には夜間照明、運動器具、自転車道路、トイレなど公衆便宜施設が設けられている。
  • ナビゲーション 名称および住所 : 鳥川蓮華公園、世宗特別自治市鳥致院邑磻岩里226
03高福自然公園
高福自然公園 [写真]

総周囲5kmの高福貯水池の水辺道路を走るだけで都心の生活に疲れた心が吹き飛んで行くように軽くなる高福自然公園は、太公望がたくさん訪れる釣りの名所でもある。総面積1,949㎢、農業用水を供給するために造成したこの貯水池の名所は屋外彫刻公園と屋外プール、市民公演舞台と芝広場が造成されている「燕岐大捷碑公園」と伝統楼閣「民楽亭」、そして湖岸に沿って水の上を歩きながら散歩を楽しむことができる水辺デッキがある。

世宗特別自治市燕西面の名山五峰山(263m)が裾をおろして峡谷を成す所に堤防を築いた高福貯水池の周辺は、山地が発達して自然のものであるかのように景観が美しい。フナ、鯉、ナマズなど固有魚種が生息しているここは、カンムリカイツブリとカルガモの生息地でもある。貯水池周辺のあちこちに設けられている憩いの場に座れば、水鳥が戯れる趣のある風景が心を平温に導く。

高福自然公園 [写真]

五峰山から眺めた高福自然公園の全景。

高福自然公園 [写真]

高福自然公園の中心となる高福貯水池。取水塔の横に堤防を利用した探訪デッキが設けられている。

高福自然公園 [写真]

高福貯水池のカンムリカイツブリ。カンムリカイツブリはカイツブリ科の中でも個体数が少なくてめったに見られない鳥類だ。

高福自然公園 [写真]

高福貯水池のカルガモ。本来冬の渡り鳥であったこの鳥類は留鳥化して貯水池から離れずに生息している。

高福自然公園 [写真]

高福自然公園の水辺デッキ。

高福自然公園 [写真]

.貯水池の最高水位より高い位置に約1kmの長さで造成されている。

高福自然公園 [写真]

貯水池に裾を垂らした山の地勢に沿って設置されたデッキを歩いていると変化の激しい風景が目の前に広がる。

高福自然公園 [写真]

休日を迎えて出かけた探訪客が記念写真を撮っている。公園周辺にこの地域特有の飲食店が多くて外食を兼ねた外出客が多い。

高福自然公園 [写真]

貯水池の北側の丘の上にある民楽亭。楼閣に上がって景観を楽しむことができる。

高福自然公園 [写真]

燕岐大捷碑公園の全景。写真右側の遠く見える造形物が燕岐大捷碑。燕岐大捷は1291年(忠烈王17年)高麗を侵攻して錦江沿岸まで押し寄せてきた元の反乱軍、哈丹賊を韓希愈、印侯、金忻などが今の燕西面正左山で撃破した戦い。高麗時代の代表的な歴史書物である《高麗史》と《高麗史節要》、《東国輿地勝覧》などに詳細に記録されている歴史的事件で、韓国の7大大捷の一つに数えられる。(出所:ネイバー知識百科)

利用案内

  • 高福貯水池の堤防と燕岐大捷碑公園に駐車場と利用客の便宜施設が設けられている。駐車費や別途の入場料はない。
  • ナビゲーション 名称および住所 : 高福自然公園、世宗特別自治市燕西面龍岩里206
04ベアツリーパーク
ベアツリーパーク [写真]

ベアツリーパークはその名前らしく熊と樹木が共存する公園だ。150頭余りのツキノワグマと40万株余りの草木類を約33万平方メートルの敷地にバランスよく配置し、ツキノワグマ園と色とりどりの庭園を造成したここは、ニホンジカ100頭余りが走りまわる園も備えており、動物園に来たような錯覚を起こしたりもする。

全19のテーマ庭園で造成されたベアツリーパークは、動線に従って移動すれば韓国固有の趣を感じることができる庭園を見ることができ、ヨーロッパ風の庭園もある。五色池とウェルカムハウスの室内庭園、ベアツリー庭園がそれ。そうであるかと思えば、愛玩動物園、ツキノワグマ園、ニホンジカ園などで動物の顔を近くで見ることができる。特に、ツキノワグマは赤ん坊熊と子熊、大人の熊まで世代別に住む所が別々にしてあり、熊を見る時間はさらに楽しい。

特に、ベアツリーパークが樹木園ということを確かに感じさせる7つの庭園は魅力的だ。熱帯植物園、睡蓮園、アイリス園、盆栽園、万景秘園、イブキ園、松波園などのテーマ庭園がそれ。ブーゲンビリア、ベイアーパクチュィラン、リュウゼツランなど数百種の熱帯植物で満たされた熱帯植物園の下にある睡蓮園は色々な睡蓮が咲く蓮華の庭園だ。その下にはアイリス園、ここは6月に40品種の菖蒲4万輪が白色、桃色、薄紫色、紫色などの花が庭園いっぱいに咲いて壮観を成す。

Especially, seven theme gardens indicating the Bear Tree Park as arboretum are so attractive, and include Tropical Arboretum, Water Lily Hall, Iris Hall, Potted Plant Hall, Secret Garden, Juniper Hill and Songpa Hall. While hundreds of tropical plants are grown at the Tropical Arboretum, including bougainvillea, staghorn fern and Agave americana, lotus flowers in vivid colors bloom at the Water Lily Hall. Additionally, 40 different types of lilies bloom in white, pink, violet and purple colors every April at the Iris Hall to make a magnificent scene.

ベアツリーパーク [写真]

ベアツリーパークのあちこちで会える熊はこの樹木園のトレードマークでもある。

ベアツリーパーク [写真]

動線に従って移動すれば韓国固有の趣を感じることができる庭園を見ることができる。

ベアツリーパーク [写真]

ベアツリーパークのチケット売場を過ぎると五色池とウェルカムハウスが迎える。錦鯉が戯れる五色池の後ろに見えるウェルカムハウスはドラマのロケ地でもあった。

ベアツリーパーク [写真]

五色池の全景。五色池とベアツリー庭園の花壇は季節ごとに季節の花を華やかに飾って探訪客を迎えている。

ベアツリーパーク [写真]

ベアツリーパークの愛玩動物園、ツキノワグマ園、ニホンジカ園などで動物の顔を近くで見ることができる。特に、ツキノワグマは赤ん坊熊と子熊、大人の熊まで世代別に住む所が別々にしてあり、熊を見る時間はさらに楽しい。

ベアツリーパーク [写真]

ニホンジカ園のニホンジカ。

ベアツリーパーク [写真]

熊彫刻公園で楽しい一時を送っている探訪客。熊を擬人化して童話の世界を造成したここは、人と遊ぶのが好きなツキノワグマが主人公である「セチョンクマ物語」という童話の色々な場面を彫刻にしたテーマ公園だ。

ベアツリーパーク [写真]

韓国固有の伝統庭園の趣を活かした絵のような風景の松波亭。池の辺に亭を建てて池周辺を石で美しく仕上げたここは、ベアツリーパーク創始者の号を取って亭を建て、周辺に花壇と池を設けたところだ。

ベアツリーパーク [写真]

2000ウォンの追加料金を払えば入場可能な万景秘園は、森の香りを全身で感じることができる特別な温室庭園で2階で造成されている。熱帯の木、ゴムの木盆栽園、大人の背丈より大きいサボテン群落など数十種の熱帯植物が植栽されている1階の熱帯庭園はサボテンの多様な花を鑑賞することができる。

ベアツリーパーク [写真]

巨大な花木に魅了された熱帯植物園の探訪客。

利用案内

  • 観覧時間は4月から10月まで午前9時から午後7時まで、11月から3月までは午前9時から午後6時までで、閉場2時間前まで入場可能。利用料金は平日満19歳以上の成人10,000ウォン、満3歳以上6,000ウォン。大人団体料金は6,000ウォンで、週末と祝日に限り大人入場料のみ13,000ウォン。その他問い合わせ電話はベアツリーパーク顧客センター041-866-7766
  • ナビゲーション 名称および住所 : ベアツリーパーク、世宗特別自治市全東面シンソン路217